まさかの子宮頚ガン?!人間ドックでの発覚から日帰り円錐切除術を経て医療保険給付金受け取りまでの道のり♪

そうだ!人間ドックにいこう!

事の発端は人間ドックでした。
私は個人事業主なので、もちろん健康診断みたいなものはなく
毎年この時期に大枚を叩いて人間ドックを受けています、もういい年なのでねw

一連の検査に加えてマンモグラフィと子宮頸がんの自己採取がついたレディースドック。
健康状態は良好で今まで全く問題はなかったのですが

今年に限り要精密検査という婦人科の自己採取結果とともにぺらっと別紙が。。

ベゼスダ:ASC-US
強い炎症性背景の中、膨化核を含む表~中層性異型扁平上皮細胞が見られます
変性強いですが核に濃染傾向ありdysplasiaの除外を要します

Atypical squamous cells mild(ASC-US)

え??
まったく意味がわからないんですけども??

ということでめっちゃ検索しまくりました。
今まではクラス表記だったのですがベダスダシステム(なんやそれw)に変わったようで分類すると下記の通りです

NILM(クラスⅠ、Ⅱ):正常な細胞のみ
ASC-US(クラスⅡ、Ⅲa):異形成とは言えないが細胞に変化がある
ASC-H(クラスⅢa、Ⅲb):高度な細胞異型の可能性があるが確定できない
LSIL(クラスⅢa):HPV感染や軽度異形成と考えられる
HSIL(クラスⅢa、Ⅲb、Ⅳ):中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる
SCC(クラスⅣ、Ⅴ):明らかな扁平上皮癌と考えられる

私の結果はこれのASC-US(クラスⅡ、Ⅲa):異形成とは言えないが細胞に変化がある

アスカスと読むようです
結果による次のステップは・・

NILM→1年ごとの定期検診を続ける
ASC-US→HPV検査をして「陰性」なら1年ごとの定期検診・「陽性」なら組織診
ASC-H・LSIL→組織診
HSIL→コルポ診+頚管内組織検査又は円錐切除
SCC→円錐切除又はそれ以上の手術

なんだかよくわからないけど、とりあえず産婦人科を受診することにしました

HPVってなんだ??

書いてあることはチンプンカンプン
強い炎症性背景とか膨化核を含む表~中層性異型扁平上皮細胞とか・・
全単語を独自調査した結果、要するになんか変だからHPVに感染してないか調べてねという意味の様です
HPVすら聞きなれないですがなんとこれは

「子宮頸がん」の原因とされるウイルス!

HPVとはヒトパピローマウイルス(HumanPapillomaVirus)の略で
「子宮頸がん」の原因とされるウイルスなのです。
HPVは、主に性交渉によって感染し、性交渉経験がある約80%の女性が
50歳までに一度は感染するといわれている、ごくありふれたウイルスです。

インフルエンザ菌みたいなものでw
ありふれてるけど、感染する人もいるけど平気な人もいて
感染しても、ほとんどは免疫システムでいつのまにか自己排除されるらしいです

ただ排出されずに体内に残ってしまうと異形成(いけいせい)となり
進行してしまうとガンになる可能性があるのです

ここまでの検査は郵送でも可能です郵送でできる検査

私が人間ドックを受けた病院には産婦人科がなかったので
慌てて近所のクリニックを探して再検査をしてもらいに行きました。

続く・・

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る