まさかの子宮頚ガン?!人間ドックでの発覚から日帰り円錐切除術を経て医療保険給付金受け取りまでの道のり♪その2

ドキドキの再検査

人間ドックでの婦人科検診で要再検査という結果がでた!
というのが前回のお話しでした→前回の記事はこちら

ちなみにがん検診によるがん発見データというサイト情報による統計はこんなかんじです

この時点で私は229人/10000人という2.3%に入っちゃったのですが
全然気にしてはいませんでした

7月末に人間ドックを受けてお盆前に検査結果をもらい
お盆明けに近所の女医さんのやっているクリニックに結果をもって来院。

HPVウイルスに感染していない限り子宮頸がんに進行することはないそうで
ひとまずウイルス検査をしてもらいました。
子宮頸がんの検査とほぼ同じ感じで痛みもなく一瞬でした
結果は1週間後とのことで、この日はこれだけ。
お会計は1910円でした。

ここまでの検査は郵送でも可能です郵送でできる検査

ウイルス検査も同時にできるキットもあるようです。

またもや検査でひっかかるの巻き

1週間後に検査結果を聞きに行くと

HPV-DNA 陽性(+)ハイリスクグループ

まさかのクロでした!!!|д゚)
陽性がでてしまうと、今度はコルポスコープ診+組織検査へとステップアップ

子宮の出口のがんの出来やすい部分をレンズのついた虫めがねのような検査器械で検査して
要注意と思われる箇所をとって、さらに詳しく検査を行うそうです。

説明は聞くのですが、カーテンで何をされているかは見えないのでw
音と感触と想像を膨らませながら診察を受けてますw

ほんの少し出血はありましたが痛みはなく
当日のシャワー&飲酒禁止、一週間のS○X禁止令を言い渡されて
またまた1週間の結果待ちです

この日のお会計は少し高めの4630円でした

まさかの高度異形成

結果がでるころには9月!
人間ドックから、はや一ヶ月以上経過してます
子宮頸がんは進行が遅く、妊娠検査の時に見つかっても
出産後まで手術しないこともあるそう。

他の進行性のガンだと、こんなに悠長に結果待ちとかしてたら
手遅れとかになるんじゃないかなんてことを考えてしまいます

さて、気になる最終結果ですが。。。

またまた引っかかってしまいました|д゚)

CIN2:Uterus,biopsy
CIN3:Uterus,biopsy

CIN1=軽度異形成
CIN2=中度異形成
CIN3=高度異形成

と3段階あって、このうち1.2は経過観察ですむそうですが
CIN3がでると治療が必要になるそうです。

私は二ヶ所の組織をとったうちの一ヶ所から高度異形成が見つかってしまいました

子宮頸部生検2個

1)扁平上皮の中層程度まで濃染腫大核を有する異型細胞と核分裂の増殖を認めます
表層にはKoilocytosisが見られます
頸管腺侵襲を伴いますが間質浸潤はみられずCIN2と判断します

2)扁平上皮には中層を超えて濃染腫大核を有する異型細胞と核分裂像の増殖を認め
一部で1/3層に達しています。表層にはKoilocytosisが見られます
頸管腺侵襲を伴いますが間質浸潤はみられずCIN3と判断します

こうなると、もはやまともに漢字すら読めませんw
自力で解読は難しいですが、要するに怪しい病変はあるけど
転移とかは心配ないよということらしいです

この日はお話しだけだったのでお会計は530円でした

続く・・

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る